お金を持つ人

少額からスタートできるみんなで大家さんの魅力

手間をかけずに賃貸経営

マンション

収入は一定額が保証される

近年は、サブリース方式を導入して賃貸住宅の経営を行うオーナーが増えています。サブリースとは不動産管理会社がオーナーから物件を借り上げ、入居者に転貸することで利益を上げる賃貸経営の手法をいいます。オーナーは日常的な管理運営業務をすべてプロに任せられるうえ、稼働率に関係なく家賃の支払い保証を受けられます。そのため、日常業務にタッチする時間がないサラリーマンオーナーなどを中心に人気を呼んでいます。通常、サブリースを導入するに当たっては、それに見合った物件を用意することが条件となります。つまり、新築が前提となるわけです。ただ、管理会社によっては既存物件への導入を引き受けているところもあります。そのため、今までは直接管理してきたが負担がきつくなった、相続によってアパートを取得したが経営経験がない、といったオーナーにも利用のチャンスがあります。既存物件にサブリースを適用する場合、まずは管理会社に物件をチェックしてもらい、家賃設定やリフォーム・リノベーションなどについて打ち合わせをします。双方の合意が得られれば、必要に応じて改修工事等を経たうえで、オーナーと管理会社の間で賃貸借契約を取り交わします。これをマスターリースといいます。この際、オーナーは管理会社に対し、入居者への転貸を承諾する旨の意思表示をします。この承諾を得て、今度は管理会社が入居者を募集し、転貸すなわちサブリースによる入居契約を取り交わします。入居時の審査や家賃の収納は管理会社が行います。オーナーに対しては、マスターリース契約によって決められた賃料が実際の入居率や収納率に関係なく毎月支払われます。